女の子の名付けに関して|赤ちゃんの名付けには姓名判断が最適!姓名の画数で運勢を占う
手のひらのアクセサリー

女の子の名付けに関して

祈っている少女

姓名判断の占い結果に従って赤ちゃんの名付けをする時、色々と注意すべき事があります。以下で、名付けの際の注意事項を見ていきましょう。

・女の子の場合には「姓名の総画数が23画」、「姓名の総画数が32画」は避ける

23画と32画は、「大吉」とされる画数ですが波乱を含むとされています。特に女性にとっては大きなリスクになりますから、「姓名の総画数が23画」、「姓名の総画数が32画」は避けるように気をつけましょう。

・一文字の名前は避ける

「一文字の名前を避ける」理由を説明する前に、まず姓名判断の「五格」のうち「人格」と「外格」を説明しておきます。

人格:苗字の最後の文字の画数と名前の最初の文字の画数の和。社会人としての才能・対人関係を表す。
外格:人格で用いなかった文字の画数の和。家庭や会社における生活環境の質を表す。

上記の「人格」と「外格」のうち、ややこしいのが「外格」なのです。上記の説明では「人格で用いなかった文字の画数の和」と書きましたが、姓名判断では「苗字、名前両方から文字を用いる事が望ましい」とされています。
もし名前を一文字にしてしまうと、外格の算出時に名前からは文字が使われません。その事に対して姓名判断の流派によっては大きなリスクを見出しているので、一文字の名前は避けましょう。

以上が、姓名判断を参考にした名付けの際の注意事項です。特に後者の方については、姓名判断に限らず「一文字の名前は意味が変わる」「一文字の名前では人生の明暗が人によってはっきりと分かれる」と言われています。なるべく避けましょう。