運勢を決める五格|赤ちゃんの名付けには姓名判断が最適!姓名の画数で運勢を占う
手のひらのアクセサリー

運勢を決める五格

本とろうそう

姓名判断の占いでは「五格」が重要となります。その「五格」について、ここでは詳しく見ていきましょう。

・総格
総格は姓名の総画数です。つまり、その人の姓名に使われている文字全ての画数の和になります。
その由来から、総格は「人生の総合運」を表すとされています。ある意味で最も大事な五格かも知れません。
ただ、若いうちには「地格」、「人格」、「外格」の影響が強いとされています。総格が大きく影響し出すのは、人生においては晩年です。

・天格
天格は苗字の総画数です。苗字は家系それぞれが持つものですから、天格は「家系の宿命」を表します。
はっきり言って、抗いようがありません。天格は受け入れるものです。

・地格
地格は名前の総画数です。あかちゃんの名付けの際には、最も重視する五格になります。
人はある名前を授かると、その名前で呼ばれる事になります。その事から地格は、「その名前で呼ばれるうちに培われる素質」を表しています。未成年期に特に強く影響します。

・人格
人格は、「苗字の最後の文字の画数」と「名前の最初の文字の画数」の和によって占い結果が決まります。何故そんなややこしい占いをするのでしょうか。
答えは、名刺にあります。名刺を見ると、「苗字の最後の文字」と「名前の最初の文字」は姓名の中心に来ますよね。つまり社会人としての印象がそこで決まるため、人格は「社会人としての才能・対人関係」を表すのです。

・外格
流派によって様々な占いの仕方がある外格ですが、その意味は「外部環境の質」です。
外格が良いと生活環境も良くなり、逆に悪いと病気になり易いなどの弊害が生じます。